早漏、ED、勃起不全、包茎など男の悩みを解決する

手術をすればワキガは治るのか?


手術をすればワキガは治るのか?
調べてみました。

するとワキガ手術には、
以下の5つのデメリットがあることが分かりました。

①手術費用が高い

1回のワキガ手術につき、およそ6~30万円かかります。

保険が使えるか否か、
どんな手術をしたか、
病院によっても値段が変わります。

お金をかけて手術をしても、
ワキガが完治しないこともあります。

中には3,4回手術を行なって、
100万円以上かかったという例もあります。



②ワキガ再発のリスクがある

アポクリン腺(ワキガの原因)をきちんと取りのぞけなかったときに、
ワキガが再発します。

若い人だと、手術で取ったアポクリン腺が
新たに作られることもあります。

しばらくワキガがなくなっても、
何か月かすると元に戻ってしまうのですね。



③手術が完ぺきでないことがある

病院、クリニックをどこを選ぶかによって、
手術や効果が変わってきます。

評判のよい病院を選んでも、
手術をしてみないと結果はわかりません。

人によって汗腺の量も大きさも違うので、
完ぺきにうまくいくとは限らないのです。



④身体的なリスクがある

現在では、わきをメスで切り、
皮膚を裏がえして、
汗腺をひとつずつ取りのぞく方法が効果が高い
といわれています。

以下のような身体的リスクが、手術にはつきものです。

⇒わきが、加齢臭、口臭の改善方法とは・・・