早漏、ED、勃起不全、包茎など男の悩みを解決する

オナニー中毒、マスターベーション依存症の可能性があります

マスターベーション卒業100日プログラム

オナニー中毒、マスターベーション依存症の可能性があります

アメリカの心理学者ゲリー・ウィルソン博士は、
「The Great Porn Experiment」と題する講演を行っています。

直訳すれば
「大いなるポルノの体験」、

つまり、
エロ動画を試聴する体験が
どれだけ大きな影響をもたらすかを語ったものです。

博士はそのなかで、
インターネットを通じてエロ動画を見続け、
マスターベーションを続けることによって、
様々な異常が現れると述べていました。

具体的には、
次のような精神疾患や発達障害に似た
症状をもたらすと語っています。

ADHD(注意欠陥多動性障害)
社会不安障害
鬱(抑うつ症、うつ状態)
あがり症
強迫性障害

ただし、
決して、これらの疾患・障害に罹っているわけではありません。

あくまでも、
原因はエロ動画によるマスターベーション依存症であり、
オナニー中毒なのです。

ゲリー・ウィルソン博士は、次のように語っています・・・
 
>>オナ禁ではない新しいオナニーのやめ方