早漏、ED、勃起不全、包茎など男の悩みを解決する

マスターベーションを卒業する原理

マスターベーション卒業100日プログラム

マスターベーションを卒業する原理

ダイエットやセックス依存症の克服など、
人間の本能的な欲求に基づく依存症は、

人間の脳の性質を踏まえ、
人間の行動原理を心理学的見地からはもちろん、
生物学的見地から考えていかなければなりません。


『禁煙セラピー』や『禁酒セラピー』などで、
多くの依存症患者を救ってきたアレン・カー氏は、

依存の対象に潜んでいる2人の悪魔――
「大悪魔」と「小悪魔」を退治すれば、
依存症は克服できるとしています。


本プログラムを構築する段階で、
様々な知見を踏まえて、
マスターベーション依存症にとっての「大悪魔」とは何なのか、
オナニー中毒にとっての「小悪魔」とな何なのかを追求して来ました。

その結果、
それほど苦労せずに
マスターベーションを卒業する方法の開発に成功したのです。


その原理は、
非常に単純化していえば、
2つの段階で説明できます。

①考え方を変える
②あるものを退ける

これさえできれば、
意志の力をそれほど使うことなく、
精神力で我慢し続けることなく、
マスターベーションをやめられるでしょう。

少なくとも、
マスターベーションの回数を激減させることは
誰にでもできるでしょう・・・  

>>オナ禁ではない新しいオナニーのやめ方