早漏、ED、勃起不全、包茎など男の悩みを解決する

早漏の人は、セロトニンの分泌量が少ないため・・・


在意識と脳を変えて早漏を予防・防止・克服する・・


原因がわからなければ、解決することはできませんよね。


セックスの時は、
まず副交感神経が優位に立って、勃起を促します。

セックスには
まず副交感神経の働きが強くならなくてはいけません。

そして十分にセックスを満喫した後に射精です。


この時に副交感神経から、
交感神経にスイッチが切り替わり、射精します。    

副交感神経 → 勃起    
交感神経 → 射精

この副交感神経から交感神経へのスイッチが
早く切り替わってしまって、
交感神経が優位になり、射精命令が出てしまう。

これが早漏なのです。


そして、この交感神経と副交感神経の切り替えには、
脳内ホルモンが深く関わっています。

勃起と射精に関わる脳内ホルモンには次の二つがあります。

●ノルアドレナリン noradrenaline
●セロトニン serotonin

精力絶倫の人は、
セロトニンの分泌が活発であるため

ノルアドレナリンの分泌を未然に抑制するので、
勃起も正常で早漏もないと考えられます。

そして、
早漏の人は、セロトニンの分泌量が少ないため・・・
詳しくはこちら

潜在意識と脳を変えて早漏を予防・防止・克服する・・










スパーキー佐藤【早漏革命】
田淵流!早漏大改革!